読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

関ケ原(下)

小山評定を経て関ケ原へ向かう家康。迎え討つための準備を着々と進める三成。二人の調略、謀略は最後まで繰り広げられ、それにかかわる各武将の心理描写が事細かに描かれています。

 

観念的にしか物事を考えれらえない三成は、なぜ豊臣恩顧の大名たちが家康

方に付くのかわからない。頼みの綱である毛利、長曾我部、島津の心をつかめないまま開戦となる。

一方家康も勝ちを意識しながらも、やはり豊臣恩顧の大名たちがいつ裏切るかもわからず、慎重さが目立つ。しかし天下を自分の手中に収めるために実にうまく調略を成功させてゆく。

 

いざ開戦となると三成率いる西軍は兵力の三分の二が動かず、三分の一のみが死力を尽くして戦うことになる。

兵力では東軍が勝っているが、しかし戦況は西軍の、宇喜多大谷部隊の活躍で有利に進む。

 

家康、三成の頼みの綱は松尾山に布陣した小早川秀秋。。。

様々な武将の心理状態が興味深く書かれていてとてもおすすめです!