読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

真田信之!!

真田昌幸の長男真田信之についてまとめてみました。

 

永禄9年(1566年)真田昌幸の長男として、生まれる。

幼少期は武田家の人質として過ごしたが、長篠の戦いで武田家が滅びた後は真田家の家督を継承した。

第一次上田合戦では父の昌幸と奮戦し、わずか2000の兵での徳川軍7000の兵を撃退した。

天正14年(1586年)真田家が徳川家の与力大名となったのをきっかけに、本多忠勝の娘小松姫を正室に迎える。

 

1600年に関ケ原の戦いが起きた際には東軍の家康につく。

この時父の昌幸と弟の信繁(幸村)は西軍についた。これはどちらが勝っても真田家を存続させるためだと言われています。

 

関ケ原の戦いで東軍のが勝利すると95000石の初代上田藩藩主となる。

 

大阪の陣には病気のため参戦していない。

 

1620年に最愛の妻、小松姫が死去。『わが家の燈火が消えたり』は有名なセリフ

 1622年に松代へ加増移封され初代松代藩13万石の大名となる。

1656年~お家騒動が起こるると、第3代藩主幸道がまだ2歳と幼かったため、藩政を執ることになる。

万治元年(1658年)10月17日死去。享年93歳。

辞世の句

『何事も、移ればかわる世の中を、夢なりけりと、思いざりけり』