司馬遼太郎 関ケ原(中)

 

 関ケ原(中)を読み終えましたので感想です。

内容としては、上杉征伐から石田三成の挙兵までについて書かれています。

徳川家康からの視点、石田三成からの視点で各々一人でも多くの大名を味方に引き入れようと数々の謀略を繰り広げます。

 

家康は「人は欲望と自己保全の本能で動く」と考え調略にはしる。天下取りの野望を持ちながらも、その心を悟られぬよう大名を言葉巧みに操り、福島正則を筆頭に豊臣恩顧の大名をことごとく手に入れます。

 

対して石田三成「太閤の恩」を武器に策略を繰り広げ、純粋に豊臣家の為に戦います。融通の利かないその性格から横柄者と呼ばれ、秀吉子飼いの大名たちの反感を

 買ってしまいます。

 

年齢の差、石高の差、人望の差など様々な点で対照的な二人ですが、共通している点が一あります。それは「すべてがうまくいっている」という認識を持ってい戦いに挑む点です。ともに不安を抱えながらも共通の認識をもっていたことは興味深いなと思えます。

また一方で、関ケ原の戦いに参加する各武将の心理状態やお家事情も詳細に書かれてお

り、関ケ原の裏側的な視点で読むととても面白い本だと思います。